【ネコポス】特撰水出しティーバッグ3本セット

型番

4992622211857

価格

2,592円(税込)

お選びください

購入数


送料全国一律300円




※ご注意※
基本的にご自宅用(包装なし)となります。
ギフト対応(ラッピング、熨斗、メッセージカード)をご希望の場合は、オプションから「ギフト用」をご選択ください。(ギフト対応+11円)




一番茶に高級抹茶をブレンド


一番茶(新茶)に高級抹茶をブレンドしておりますので、色もキレイです。
お湯でも水でも美味しくお飲みいただけます。
渋みの少ない水出し茶はお子様にも人気で大型のキーパーや水筒にも便利なティーバッグ。
※【内容量】5g×20p

こちらの商品は大変人気でリピーター様も多く、まとめ買いされるお客様も多いです。
ご自宅に麦茶用等の冷茶ポットがあれば、今年はぜひ水出し冷茶をお試し下さい。
新緑園スタッフ、オススメの商品です。

美味しく飲めるワンポイント
ティーバッグをさいばし等ではさみ、回して頂くとより鮮やかな緑色と濃いめの味わいがお楽しみ頂けます。

ティーバッグのお茶は今とても美味しくなっています



最近では、若い人がプチギフトに日本茶のティーバッグをプレゼントしたり、和菓子を「お持たせ」にしたりすることも増えてきました。
ティーバッグであれば相手が急須を持っているかを心配する必要もありませんし、好き嫌いの心配もございません。
オフィスでも簡単に楽しむことができて、プレゼントしやすいですよね。
ティーバッグの日本茶は安いお茶で美味しくない、という固定概念は昔の話。
いまやメッシュも良質なものが生まれ、中身の茶葉にもこだわったものがたくさん登場しています。
オフィスや自宅だけではなく、保温効果のある水筒でお湯を持参すれば、山や海、公園などでも美味しいお茶が楽しめますよ。


緑茶ティーバッグの入れ方【Q&A】


緑茶のティーバッグを入れる際によく聞かれることをQ&A方式でお答えします。

Q.お湯を注いでからティーバッグをいれる、ティーバッグをいれてからお湯を注ぐ、どちらがよいでしょうか?


A.諸説ありますが、お湯を先にいれる事による湯冷まし効果がありますので、ティーバッグが後。がおすすめではありますが、自分好みの味になる方で良いと思います。

Q.ティーバッグは何煎目までが美味しく飲めますか?


A.商品にもよりますが、2〜3煎目くらいまでです。

Q.ティーポットで入れたときは、いつティーバッグを取り出したほうが良いですか?


A.ティーバッグについている紐を4〜5回上下にゆらした後、フタをして20秒くらい待ち、お好みの濃さになったら取り出しましょう。ティーバッグを入れたままにしておくと、どんどん味が濃くなってしまいますし、苦味が出てしまう場合もあります。

Q.水出し専用の緑茶ティーバッグは、お湯で入れたらいけませんか?


A.大丈夫です。
ただし、水出し専用の緑茶ティーバッグは冷水でも抽出されやすいように茶葉が細かくなっていたり、やわらかい葉を使っているものが多いので、お湯で入れた場合は味が濃く抽出されやすくなります。
味の濃さはお好みですが、早めにティーバッグを取り出しましょう。

いずれにしても、ほんのちょっぴり「丁寧さ」を心がけることです


和の文化は、本来、生物の持つ「氣」を大切にすることが多くあります。
お茶の葉っぱも、さっきまで冷えきっていたのに、急に頭から熱湯をかけられたらビックリするわけです。
じわじわ、やさしく、お湯を注いであげるだけで、まろやかになります。

どんなに高価な茶葉も、雑にいれたら雑な味。
美味しく入れようと思えば、美味しくなります。

ティーバッグといえども、ちょっとしたことに気を付けて頂ければ、より一層美味しく入れることができます。ぜひお試しください。

レビューはありません。

農林水産大臣賞を3年連続受賞した新緑園のお茶

お茶・日本茶の通販新緑園では、各種の賞を受賞し、国際線ファーストクラスでも使用されたことのある、香りと味と色の3拍子揃った高品質なこだわりの商品をショッピングサイトで販売しています。
お取り寄せからお中元、お歳暮、敬老の日、ご進物の贈り物など様々なシーンでお使いになれます。 また、高級で美味しく美しい緑茶から簡単便利で美味しいお茶まで数多くの種類をご用意しております。

平成26年・27年全国茶品評会

茶鑑定力9段 茶匠 黒木が作っています。

全国茶審査技術競技大会で9段位を獲得。
9段以上は、全国的に見ても10数人しかいない狭き門です。
詳しくはこちら

農林大臣賞

急須で飲む日本茶を楽しみましょう




美味しいお茶は急須から。 急須であえて手間をかけて飲むと美味しく楽しく飲めます。 日本茶は急須で飲むのがおすすめです。

美味しいお茶を淹れるには

失敗しないお茶の淹れ方