ティーバッグ

煎茶ティーバッグ,ご進物,美味しい,おいしい



高級でありながら、美味しく簡単に使えるおすすめティーバッグをご覧ください。
おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • <
  • 1
  • >
  • « Prev
  • Next »
16商品中 1-16商品
ティーバッグでお茶を飲むといまいちなんて思っていませんか?
実は、技術も進化したり、配合の技術も進化して、
いい色で美味しいお茶が飲める時代となっています。


◆ティーバッグでお茶を飲むと何がいいのか?

メリット(1):真空包装で常に新鮮な茶葉
茶葉は野菜や生鮮食品と同じように、鮮度が命です。
茶葉が入った袋を開けた瞬間から、光や温度、湿度によって少しずつ酸化してしまい、
少しずつ味が落ちてしまうのです。
弊社のものでも特に個別包装のものは、いつでも新鮮な状態でお茶を楽しむことができます。

メリット(2):簡単便利にお茶を楽しめます。
茶葉の始末が簡単なことです。
茶こしや茶筒はカビなどの菌の発生を防ぐために、常に清潔にしておくことが重要ですが、
毎日きちんとお手入れをするのは案外面倒なものです。
毎日洗うとなると腰が引けてしまう方もいらっしゃると思います。
しかしティーバッグなら、面倒な手入れはもちろん、茶こしも茶筒も不要です。
急須か湯飲みにティーバッグを入れるだけで、お湯を注げば簡単に日本茶が飲めてしまいます。
洗う手間が省ける上に、茶葉の処理が必要なく使用後も簡単に捨てることができます。

メリット(3):簡単なのに上質な味わい
初心者でも気軽にお茶を楽しめる点です。
茶葉からお茶を飲もうとした際、茶葉をどれくらい入れればいいのか、
また一度に何杯くらい飲めるのか迷った経験がある方も多いと思います。
ティースプーンと言われても持ってないしとか・・・ありますよね。
ティーバッグであれば、最初から茶葉は適量に小分けされているため、
初心者であっても簡単に上質な味わいを楽しむことができます。

ティーバッグで美味しいお茶を淹れるには

(1)茶葉の種類でお湯の温度見てみてください。
熱々のお湯を注がないことです。注いでしまうと苦くなります。
日本茶の場合、70度から80度くらいのお湯の方がまろやかで甘みのある味わいになります。
お湯が沸騰したら、しばらく待ちましょう。湯飲みに入れた状態で、やっと持ち続けられる状態が適温です。

(2)静かに注水、一息置いて。
静かにお湯を注ぐことがポイントです。ティーバッグに直接お湯を注ぐのではなく、
カップの端の方から静かにお湯を注ぐようにしましょう。
お湯を注いだら、ひもをもって4、5回揺らすと、
よりお茶の味が深まります。
そしてすぐにティーバッグを引き上げず、20秒くらいふたをして蒸らすことが大事です。
蒸らすと味に深みが出てさらにおいしくなりますよ。

(3)美味しい最後の一滴が重要。
3つ目は、最後の一滴まで出し切ることです。
ティーバッグを引き上げるときは最後の1滴まで出し切るよう、しばらくカップのうえでキープしてください。
ティーバッグの場合は一煎目で旨みがほとんど出てしまうため、2杯目を飲むときには新しいものを用意しましょう。
また入れたままにしていると、濃くなりすぎて苦く感じてしまうので注意が必要です。


お茶の淹れ方



営業カレンダー

2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
発送業務 9:00〜17:00 (土日祝除く)
※当日AM10時以降のご注文は翌営業日の対応となります。お急ぎの場合は可能な限り対応させて頂きますのでご連絡ください。
上- 美味しい日本茶・緑茶・お茶の通販・お取り寄せ|日本茶専門店 新緑園
   
 
 TOP
 ショッピングガイド
 カートを見る
 マイアカウント
 よくあるご質問
 お問い合わせ
 新緑園HP
 STAFFBLOG
 読み物
 新緑園について
 特定商取引法の表記
 プライバシーポリシー
(C) 新緑園 co.Ltd.